2014年12月25日

100円のゴムマットをギター側板に貼って滑り止めに

セピアクルー激安中古アコギ
これは1990円で購入したセピアクルーの中古アコギなのですが、側板をよく見ると割れていました。

赤く示した部分に長い亀裂
赤いラインで示したところに、長い長いクラックが入っているのです。

ギター側板の亀裂
クラックとは言っても、激しく割れているわけではなく、髪の毛ほどの細い亀裂が塗装面に入っている程度、という感じ。
それでも指で触ると分かる程度の引っかかりがあるので、演奏中にズボンが裂けたりする可能性があります。

そこで、なんとかする方法を考えてみました。
以下、アコギ側板の割れを修理…ではなく、ごまかす方法です。

ダイソーのゴム製滑り止めマット
上の画像は、百均で入手した滑り止め用のゴムマットです。
これを帯状にカットしてギターの側板に貼り付ければ、きっと誰もが「この人は滑り止めにゴムマットを貼ってるんだな」と思うだろう、「この人はギターの亀裂を隠しているんだな」とは誰も思わないだろう…という作戦です。

きれいに剥がせるタイプの両面テープ「ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用(アマゾン)」を、、
キレイに剥がせるテープ

ギターの側板に貼り付けて、、
両面テープを貼った状態

帯状にカットしたゴムマットを、、
側板に合わせてカット

貼り付けました(笑)
完成

ヒール側。
よく見ると亀裂が見えます

そして、リア側です。
幅が少し足りません(笑)

この作業を通じて、アコギのボディはフロント側とリア側とで厚みがけっこう違うのだな、という事に気づきました。
フロント側に合わせてカットしたため、リア側が少し幅足らずの状態となり、若干残念な仕上がり。

滑り止め効果の方には全く期待していなかったのですが、安定感が増してかなり弾きやすくなりました。
黒色のゴムマットにすれば、もうちょっと見た目がマシだったかも知れません(笑)
posted by よしとも at 21:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)