2017年01月03日

ウクレレのペグ交換に挑戦しました

ギターのペグ交換は2016年2月の記事で行っています。
その際、取り付けが多少曲がってしまったのですが、その反省を踏まえ、今回はまっすぐな仕上がりを目指しました。

これが作業前のウクレレ。
before.jpg

新たに購入したペグがこちら。
grover.jpg
GROVERというメーカーの8Nという製品です。
日本では神田商会さんが代理店で、神田商会さんのページに製品の詳細が記載されていました(図面も有り)。



購入前に一応寸法を測ってはみたものの、実際に付くかどうかはよく分からなかったので、半ば勢いで購入しました(笑)

package.jpg
パッケージはギター用ペグと共通なようで、ペグが6個入る包装に、ウクレレペグが4つ入っています。
ちなみに、メール便で送られてきたためか、パッケージがかなり凹んでボコボコでした。
ペグ本体は無事でしたが、この辺りが気になる方は宅配便発送の通販、もしくは実店舗で購入するのがいいかも。

ペグと同時に購入したのがこちら。
taper-reamer.jpg
ホーザンというメーカーの「テーパーリーマー」という工具です。
穴に差し込んでグリグリと回すと、穴が削られて広がっていくというもの。
ペグを取り付ける穴のサイズを調整する為に必要です。


さあ、いよいよ作業開始。
まずは既存のペグを外します。
remove-1.jpg

とりあえず2つ外したところ。
remove-2.jpg

ひっくり返すと、こうです。
bush.jpg
ペグ本体は取り外しましたが、まだブッシュと呼ばれる金属の筒状パーツがヘッドに残っていますね。
ブッシュは押し込まれてハマっているだけなので、後ろから押し出せば外せます。

次に、新しく購入したペグに付属しているブッシュを取り付けるわけですが、穴のサイズが小さかったので、リーマーで広げてみます。
reaming.jpg
プロは「ブッシュを強く押し込めばなんとかハマる」というギリギリのサイズにするそうなのですが、私は穴を広げすぎてしまい、ゆるゆるになってしまいました。

リーマーのハンドル部分(ただの棒)は抜けやすいので、私は結束バンドを2つ利用して固定し、回しやすくしました。
cable-ties.jpg
また、1カ所穴を広げると「リーマーをここの深さまで突っ込むとジャストサイズになる」という場所が分かるのですが、そこにテープで印をつけています。
これで、2カ所目からは、テープがヘッドに当たるか当たらないかという辺りまで一気に作業を進められるわけです。

pencil.jpg
ペグを真っ直ぐに取り付ける為、ねじ穴の部分に鉛筆で印をつける事にしました(塗装によっては鉛筆で印を付ける事はできません)。

ブッシュを差し込んで、ペグ本体をネジでヘッドに固定します。
付属ねじは長さが1cm近くもある長いものでした(私のウクレレのヘッドの厚みは1.1cm)。
「ヘッドの表板まで貫通してしまうんじゃないか…」と心配したものの、なんとか無事にネジ止めに成功。
screw.jpg

完成です。
complete.jpg

リーマーについた木屑はブラシで落としておきます。
cleaning.jpg

さて、今回なぜペグを交換したか。
それは、見栄えです。
ペグのボタン(つまみ)を金属にして、ピカピカキラキラの状態で演奏したいという単純な理由です。
その目標は達成できましたが、ひとつ問題が起きました。
それは「重い」という事。
ウクレレのペグは大抵は白か黒のプラスチックなのですが、その理由が分かりました(笑)
posted by よしとも at 01:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)