2017年02月14日

9V電池を外付けする例のアレを自作する

9Vの四角い電池を外付けする為のプラグというかアダプターが前から欲しかったのですが、店頭ではビックリするほど高価なのです。

「なんでこんなに高いんだ、90円の電池スナップと150円のプラグを半田付けしただけなのに…あれっ?なら自作すればいいじゃん!」
という事で、自作に挑戦しました。

必要なものは、9V電池に使うバッテリースナップと、DCプラグ。
あとハンダごてとハンダも必要です。

今回使うプラグはこちら。

dc-plug-1.jpg

dc-plug-2.jpg

ELPA(朝日電器)は日本の会社です。
分解するとこんな感じ。

resolve-plug.jpg

穴の開いている所に導線を差し込んでハンダ付けする仕組みのようです。

まずは、バッテリースナップの導線に予備ハンダを施します。
動いてしまうのを防ぐためにセロテープでテーブルに固定して作業しました(笑)

cellophane-tape.jpg

導線に予備ハンダを施した後、プラグのキャップを予めケーブルに通してから、いざ、ハンダ付け本番です。
プラグをエフェクターなりミニアンプなりに差し込んで固定しておけば、ハンダ付け作業がしやすくなります。

jack.jpg

接続する機器に合わせて、赤と黒を間違わないよう配線します(今回はセンターマイナスにするのでセンター側に黒を接続しました)。

solder.jpg

完成したモノがこちら。

finished.jpg

本来は電池を入れられないエフェクターを電池駆動させる為のものですが、私は電池をミニアンプに入れっぱなしにして液漏れ→機器がダメになる、という事を予防できるのが個人的に嬉しいです。

DCプラグバッテリー
スナップ
posted by よしとも at 01:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)