2017年05月26日

ギターをコンパウンドで磨いたらクスミは消えたがキズは取れなかった

知人からTornado by Morris(トルネード バイ モーリス)という、80年代のギターを頂きました。
オベーションのコピーモデルで、背面がラウンド形状になっています。

looking-down.jpg

弦長が63センチほどで弾きやすいのですが、いくつか問題があり、その一つがボディのキズです。
全体に満遍なくキズが付いており、特にボディトップ材の20フレットわき、ピックがよく当たる部分に深いキズが大量についています。

そこで、自動車用のコンパウンド(磨き粉)を試してみる事にしました。
使用したのは「Holts(ホルツ) コンパウンド ミニセット MH926」という製品。



布を何枚か用意し、最初は「粗め」を使い、次に「細め」、最後に「極細」の順で、説明書通りに直線的に手磨きしました(円を描くのは良くないらしい)。

とりあえず、ギター正面から見て左半分(画像で言うと上半分)だけを磨いた画像がこちら。

diagonal.jpg

磨かれた側は白いクスミが消えており、光沢が蘇っています。
全体に白くくすんでいたのは、実は細かいキズだったようです。
別の角度から見たのがこちら。

before-after.jpg

6弦から手前は磨いた側、6弦より向こうはまだ磨いていない側です。
キズが明らかに目立たなくなっています。

では、問題の、ピック跡の深い傷はどうなったか。
下の画像は2コマGIFになっており、緑色のラインの下が磨いた側、ラインの上はまだ磨いていない側です。

scratch.gif

細かいキズは消えており、クスミが消えてツヤが出ていますが、深いキズは消えません。
それでもかなり目立たなくなってはいます。
今回は15分かけてギターのTOP板の約半分を磨きましたが、もっと時間を掛ければ更に目立たなくなるような気もします。
次回、弦を交換する際にボディ全体とヘッド部分をコンパウンドがけしたいと思います。
posted by よしとも at 21:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)