2017年07月15日

電動ドリルでギターのボディをコンパウンドかけ

5月にTornado by Morris(トルネード バイ モーリス)のボディの一部を試しにコンパウンドがけした際、かなり面倒だったので、今回は電動ドライバーの先にフェルトホイールというアタッチメントをつけて磨く事に挑戦します。

フェルトホイールとは、これです。

felt-wheel-1.jpg
felt-wheel-2.jpg
felt-wheel-3.jpg
felt-wheel-4.jpg


フェルトが塊になっていて、電動ドリルの先につけられるように、金属の棒が生えています。
これをドリルの先端にセットし、一気に磨けばラクチンだろうと考えたのです。

コンパウンドの取説には
「円を描くような磨き方はダメ。必ず直線的に磨いてね」
と書かれていたのですが、まあ大丈夫だろうと勝手に考えました(これが後にちょっとした悲劇を招きます)。

私が使っているホルツのコンパウンドは3種類(粗め・細め・極細)がセットになっており、それぞれ別の布を使って磨くべしと取説に書かれているので、布の切れ端をフェルトの先っぽにかぶせて輪ゴムで止め、コンパウンドの種類ごとに布を付け替えるという方法で磨く事にしました。

cover-1.jpg

ヘッド部分はペグを外して作業しました。

naked-head-1.jpg
naked-head-2.jpg
cover-2.jpg

結論ですが、失敗でした。
というのは、コンパウンドで磨いた後はどうしても跡がわずかに残るのですが、電動ドリルを使うと、それが目立ってしまうのです。
コンパウンドの溶剤の油分なのか、コンパウンドによって作られた微細な傷なのか、あるいはその両方なのか分かりませんが、日光を当てると分かる程度の微細な拭き跡が残り、それが直線的な跡であれば目立ちませんが、小さな円を描いているとかなり目立ちます。
これが、「直線的に磨いてね」という注意書きの理由だったようです。

ネット上で検索すると、電動ドリルを用いてギターのコンパウンドがけをしている方がいるのですが、おそらく何かやり方があるのだろうと思います。
コンパウンドの種類だとか、装着するフェルト円盤のサイズだとか、磨く方向とか。

結局、その後、小一時間かけて手で磨き直し、テカテカキラキラにしました。

polished-3.jpg
polished-2.jpg
polished-1.jpg

リョービの電動ドリル
CDD-1020
Holts
コンパウンド
ミニセット
posted by よしとも at 00:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)