2018年01月19日

フライングタイガーの1500円ウクレレのペグをなんとかする

フライングタイガーという雑貨屋で売られていたプラスチック製のウクレレ。
パイナップルが描かれていますが、ボディ形状はパイナップル型ではなくひょうたん型。

ボディ

ボディはもちろん、指板もプラスチック。
さらにフレットもプラスチックのように見えます。
これならば屋外で演奏して雨水がかかっても全く問題ありません。

フレットも実はプラスチック

弦長は343mmで、ソプラノウクレレのサイズ。
音はプラスチック感が丸出しなのですが、演奏自体は普通に可能です。
ネックがかなり太めなので、手が小さい人はやや苦労するかも。

カラフルな弦は「レインボー弦」

最初に貼られていた白い弦はあまりにもピッチが不安定だと感じたので、ウクレレのキャラクターに合わせて4色カラーの「レインボー弦」に張り替えてあります。

ナット部分ももちろんプラスチック

さて、問題はペグです。

ヘッドの裏のギヤペグ

金属製のギアペグ仕様となっており、一見何の問題もなさそうなのですが、回すとギシギシと摩擦音がして、非常に不快なのです。

そこで、ペグにスプレーのグリス(KUREグリースメイト)を吹きかけてみる事にしました。
(KURE5-56はプラスチックを腐食させてしまうので今回の用途には合わないようです。)

キッチンペーパーで覆いカバーする

本来ならペグを取り外して作業するべきでしょうが、プラスチックのヘッドに開いたねじ穴が広がってしまったら面倒ですので、今回は外さずにやってしまいます。
まず、ペグ以外のところにグリスがかからないよう、キッチンペーパーを使って養生します。

こすれ合う部分にグリス

次に、矢印で示した箇所に、一瞬だけ「シュッ」とスプレーし、すぐにキッチンペーパーでスプレーした部分を拭き取ります(ほんのわずかな油分が残れば充分で、余計な油分は逆にホコリの付着を招いてしまうので)。

スプレーでグリスを吹き付ける

あとは養生を剥がして完成です。

全体像

まるで別物のようにスムーズなチューニングができるようになりました。

今回使ったもの。

スプレーグリス
「グリースメイト」
4色カラーの
「レインボー弦」


2018年1月22日追記:
このプラスチック製ウクレレと、普通の木製ウクレレとの弾き比べ動画をupしました。
https://youtu.be/_4-gHq88TIM
posted by よしとも at 18:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)