2011年05月24日

EX002「長い音を短い音の集まりで感じる」

今日はEX002。
前回EX001でやった「ド・ドレミ・ミファソ・ラソミー」の曲を、まず8分音符で挑戦、そして、後半は16部音符のミュートプレイで挑戦する、という課題です。



後半のミュート演奏ですが、これが案外難しいのです。
右手の腹を弦の上に乗せた状態でピッキングするわけですが、どうしても音がシャープしてしまいます。
音がシャープしないように軽いタッチで弦に触れさせるのが、とても難しい><

それと、一定のリズムをキープしてピッキングし続けるというのも難しいですね…
一応バックにメトロノームを鳴らしているのですが、全然合っていません(笑)

動画で自分の演奏を確認すると、もう、めちゃくちゃ下手ですね。
前回も書きましたが、弾いているときは上手く弾けているような脳内補正が働いてしまうので、こうやって改めて自分の演奏を動画で見てみると、かなり衝撃的です(>_<)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)