2011年06月07日

EX008「コード進行に乗せても『ドレミ〜』でOK」

前回のEX007で、5フレットから8フレットあたりに位置するC,F,Gのコードフォームを覚えたわけですが、さっそくその活用です。



今回の曲は、C→F→G→Cというコード進行。
曲の進行において、コードがCの時ならば、Cのコードの構成音を弾く事によって、それっぽい感じになるという事ですね。
そして、Fの時ならばFコードの構成音を弾き、Gの時ならばGコードの構成音を弾く、という感じ。

今回の曲のエンディングは、『ファ』からダイアトニックスケールを順番に降りただけです。
『ファミレドシラソファミ〜』ですね。
こんな感じで、適当にフレーズを弾いても合うのだよ、という課題でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)