2011年06月08日

EX009「マイナー・キーでも『ドレミ〜』で行ける」

今回から録画環境を変えてみました。
webカメラで撮影した動画をYouTubeにupすると、なぜか音がずれてしまうので、今回からはデジカメを使って撮影する事に。



どうでしょう?
音ずれしてないですよね(^o^)

さて、今回のEX009は、前回のEX008とほぼ同じように聞こえますね。
しかし、実は、前回のコード進行「C→F→G→C」に対し、今回は「Am7→Dm7→Em7→Am7」というコード進行になっています。

3フレット下のマイナーは、実は同じスケールを持つ、…という事を学ぶ課題でした。

例えば、
Cのダイアトニックスケールは『ドレミファソラシド』ですが、
(Cの3フレット下に位置する)Amのダイアトニックスケールは『ラシドレミファソラ』です。
スタートする場所が違うだけで、実は重なっているのですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)