2011年06月14日

EX013「人差し指は半音チョーキング専門」

このブログで教本にしている“100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本”では、スケールの覚え方として「雪上車BOX」という言葉が出てきます。
雪上車BOXとは、3弦5フレットから始まる『ドレミファソラシド』や、3弦12フレットから始まる『ソラシドレミファソ』の音の並びを、雪上車を横から見た形に見立てて、形で覚えるというもの。



そして、雪上車BOXのお尻部分が、人差し指の定位置とされています。
  • 人差し指は、中指や薬指と違って力を入れづらいので1音チョーキングには不向き
  • だが、半音チョーキングならできる
  • ダイアトニックスケールの中で半音の関係にあるのは「ミとファ」「シとド」
  • ならば、人差し指は「ミとファ」「シとド」の半音チョーキング専門にしよう
という感じの課題でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)