2011年06月27日

EX018「人口ハーモニクス奏法のコツ」

前回EX017はピッキングハーモニクス奏法で曲を弾きましたが、今回は人口ハーモニクス奏法のレッスン。
曲目は「森へ行きましょう」です。



ギターは12フレットを軽く押さえながらピッキングするとハーモニクス音が出ますが、これは、弦の全長の半分の位置を軽く押さえながらピッキングするとハーモニクス音が出るという事であります。

という事は、任意のフレットを左手で押さえて、振動する弦長のちょうど半分の位置を軽く押さえながらピッキングすることで、好きな音階のハーモニクス音が出せるという事になります。
では、振動する弦長のちょうど半分の位置はどこかと言うと、それは12個上のフレットです。
12フレット上は、常に、弦の振動している長さをちょうど二分する位置関係になっているからですね。

例えば、左手で5フレットを押さえて、右手で17フレットを軽く押さえつつピッキングする。
左手で7フレットを押さえた時なら、右手で19フレットを軽く押さえつつピッキングする。
という感じです。

…めっちゃ難しい奏法です><
メトロノームに合わせて弾く事が出来ませんでしたので、メトロノームの伴奏は無しです(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)