2011年06月29日

EX020「弦移動の速弾きに挑戦」

曲目は、セーラーズ・ホーンパイプ。ポパイの音楽です。



教則本の付属CDでは、テンポ60から始まり、80、100と、徐々に速くなっていきます。
今の私にはテンポ80が限界でした。
私はピックで弾いていますが、ピック弾きでは弦移動(4弦-3弦-2弦-3弦-4弦-3弦-2弦-3弦みたいな)が素早く出来ません。
弦移動の箇所は、クラシックギターの要領で右手の指を複数使う感じで弾くと、今以上に速く弾けるような気がします。

さて、これで100のフレーズのうち、20が終わったことになりますので、ちょっとここまでを振り返ってみたいと思います。

自分の演奏を録画し、改めて客観的視点から見直してみることで、自分がいかに下手であるかがよく分かりました。
しかしながら、自分の欠点が分かると、ならば直してみたいという気持が生まれて、練習に熱が入ります。
録画して自分の演奏を見直すという事をしていなかった頃は、
「けっ!こんな程度の教則本、余裕で弾けちゃうぜ!」
と、けっこう本気で思ってました。
今思えば完全な思い上がりですね^^
録画して客観的に自分の演奏を見直す事が、もしかしたらギター上達の最大のコツかも知れない、と、今、思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)