2011年07月05日

EX021「よな抜きメロディを覚える」

曲目は、「月」「案山子」「メリーさんの羊」のメドレーになっています。



「ドレミファソラシド」の音の並びをダイアトニックスケールと呼びますが、
  • ドを1
  • レを2
  • ミを3
  • ファを4
  • ソを5
  • ラを6
  • シを7
…として考えたとき、4と7(=よんなな=よな)を抜いたもの、すなわち、ファとシを抜いたものが、ペンタトニックスケールになります。
タイトルの「よな抜き」とは、「ファシ抜き」という意味ですね。

で、このペンタトニックスケールというのが、ブルースやロックの基本音階になっているのだよ、という課題でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)