2011年07月09日

EX022「ペンタを上下に広げる」

曲目は、「かたつむり」。



基本的にはペンタトニックスケールの音だけなのですが、少しだけ「ファ」の音が入るのが今回のポイントです。
今回のファは“経過音”であり、無くてもメロディが成立するというもの。
ペンタのメロディの中で経過音としてファを使う分には違和感なくメロディが運ぶ、という事であります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)