2011年09月08日

ギブソン社にFBIが立ち入り捜査。不法伐採されたエボニー材を入手か

メンフィスとナッシュビル(ともにアメリカ地名)のギブソン工場に立ち入りが入り、ギターやPCデータが押収されたとの事。
これに対し、ギブソン社の社長兼CEOであるヘンリー氏は
「問題になっている木材は森林管理協議会が認定した供給者から入手したもの(つまり正規品)であって、連邦政府は必要以上に攻撃的なやり方をしてる」
と司法省に反論しているらしい。

「木材を巡る面倒ごとを避ける為に、ミュージシャンは木材で出来た楽器を使うのを止めて、カーボンファイバー製の楽器の楽器に乗り換える流れになるんじゃないか」
という感じで記事は結んでいます。

世界的な木材資源の枯渇に加え、今回のギブソン工場への立ち入り捜査の波紋で、もしかしたら今後、ギターの価格が暴騰したりするのでしょうか。
タグ:英語
posted by よしとも at 23:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)