2011年11月06日

EX047「1フレット下からコードごと持ってくる」

C-Am-F-Gを繰り返すコードパターンの課題曲。



エンディング部は、ピアノの楽曲「ネコ踏んじゃった」のエンディングでよく使われるアレです。
C音ではじまった曲なので曲の最後もC音で終わるわけですが、エンディング部ラストのC音を出す直前に、1回だけ半音下のB音を弾いています。

この有名なエンディング部分だけではなく、なんと、楽曲の最初から最後まで、コードの半音下の音を一瞬だけ出す事を延々繰り返す形の課題曲になっています。

経過音として一瞬だけ半音下の音を弾いても違和感はないという事を学ぶレッスンでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)