2012年04月19日

ギターのピックがiPad分解に役立つらしい

iPadの画面部分とアルミニウムボディとの接着面を、ギターピックを使う事で剥がせるようです。



上の動画の1:30あたりから5:30あたりまで、ピックを6枚くらい使って"新しいiPad"を分解しています。

ヒートガンと呼ばれるドライヤーのような装置で温風をあてて接着剤を柔らかくしてから、ピックを隙間にねじ込んで接着を剥がしているようです。
金属のマイナスドライバーを使ってしまうと確実に傷がついてしまいますが、なるほど、ギターピックであれば傷がつく可能性は低そうですね。

左側に写っているメガネのウィルさんは、
「iPadに限らずデバイスの分解にピックは役立つので、ピックを一握り道具箱に入れておこう」
という感じの記事を書いています↓
Inside Will's Fix-It (and Take-It-Apart) Toolkit(Tested)

この動画で完全分解されてしまったアダム氏のiPadは、その後、元通りになったのでしょうか…?
タグ:英語
posted by よしとも at 19:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)