2012年04月30日

爪甲剥離症が完全に直り皮膚科医に褒められる

今回の記事は、
ギターの弾きすぎで軽度の「爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)」になりました
の続編です。

2011年12月から人差し指に指サックをかぶせてギターを弾くようにしてきましたが、それが功を奏して、爪の剥がれが完全に改善しました。

改善した右手人差し指の爪

皮膚科のI先生は
「すばらしい!普通はなかなか治らないものなのだよ」
と軽く驚いていました。

左が5ヶ月間使用した指サック、右は新品。
ロイファー(丸善)の指サック
表面のゴムの突起が激しく削れている事が分かります。
これだけ激しく爪が弦に当たっているということは、フォームがかなり間違っているのではないかと思えてきました…。



私が使っているのは、丸善という会社が輸入している「ロイファーFC-5N」というフィンガーキャップ。
通気穴が空いているので蒸れません。
タグ:
posted by よしとも at 23:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)