2012年05月04日

[弦の実験19日後]ダダリオのプレーン弦が錆びはじめた

今回の記事は、
2種類の弦を同時に使って劣化の度合いを比較してみる実験
の続編です。

以下の6枚は、実験開始日から19日後(2012年05月03日)の写真です。
巻き弦は、ほぼ変化が無いように感じられます。

6弦(ダダリオ)↓
2012-05-03-6th.jpg

5弦(アーニーボール)↓
2012-05-03-5th.jpg

4弦(ダダリオ)↓
2012-05-03-4th.jpg

一方、プレーン弦に変化が。

3弦(アーニーボール)↓
2012-05-03-3rd.jpg

2弦(ダダリオ)↓
2012-05-03-2nd.jpg

1弦(アーニーボール)↓
2012-05-03-1st.jpg

2弦のみ、明らかに赤錆が浮いているように見えます。
私はいつも一ヶ月半くらい使っているので、このままあと3週間ほど使っていきたいと思います。



2012/06/07追記:
[弦比較53日間の結果]ダダリオの方がアーニーボールよりも早く錆びたをアップしました
タグ:
posted by よしとも at 23:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)