2012年05月31日

EX070「ロックなカッティングをする」

第七章カッティング編の最後の課題曲です。



後半に「パリラ パリラ パリラ パリラ パリラ」という3音ごとの繰り返しフレーズがあります。
1音目でピッキングした後、ハンマリングで2音目を出し、そして3音目は別の弦を弾く、というもの。

この箇所の弾き方は、以下の2通りです。
  • ハンマリング時に、右手を空振りさせる
  • ハンマリング時に、右手を空中で待機させる
私が動画でやっているのは、待機の方です。
空振り版は、かなり難しいです。

1本の弦のみで弾くのならば、右手のピッキング上下運動を繰り返しつつ空振りを挟み込む事が出来るかも知れません。
しかしながら、このフレーズは弦2本にまたがっているので、かなり難易度高めに感じられました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)