2012年08月19日

EX075「カッティングで複音メロディ」

1度3度の複音を使ってのカッティング、というレッスン。
今回のEX075と次回のEX076は、ともに童謡の「紅葉(もみじ)」が課題曲です。



ポジション的にはEX071とEX072で習った【並列-斜め-斜め-並列】のパターンで多少慣れているので問題ないのですが、カッティングとなると鳴らさない弦をミュートする必要性が生じ、そこにスライドも加わるというわけで、なかなか左手は忙しいです。

演奏しているときは上手く弾けているつもりなのですが、録音したものを客観的に見直してみると、音を鳴らしている状態とミュートしている状態との区切りがあいまいであることが分かります。
つまり「歯切れ良くカッティングする」という点が、今ひとつ出来ていない感じ。
うーむ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)