2012年08月20日

EX076「複音と短音の複合にチャレンジ」

いちむらまさき氏のラジオによる、EX075およびEX076の解説はこんな感じでした。

譜面で示されているメロディをすぐに弾かない。
まずは楽曲のコード進行を身体に馴染ませる。
コードをカッティングとかいろんな弾き方で演奏してみる。

コード進行を把握したら、脳内でメロディーが「聞こえてくる」。

コード進行に乗っかる形でメロディーが聞こえてきたら、そこではじめて譜面を見始める。

背後でコードが鳴っている事を想像しながら弾く。

メロディを崩せば崩すほど、それは訓練になる。

この教えに従ってやってみた結果がこちら。



ノリノリです。
たぶん、ここまでで一番ノリノリなんじゃないかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)