2012年08月23日

サイケSGみたいな渦巻き塗装をギターに施す方法

TESTED(英語ブログ)に
Ever Wondered How Guitars Get That Amazing Swirly Finish?
(渦巻きっぽいギターの塗装ってどうやって作ってるのか前から知りたかった)
という記事が。
  1. 水をはった桶に、水よりも比重の軽い塗料を垂らし
  2. 好みの渦巻き模様が水面に出来たら
  3. ギターを水に漬ける(この時点でギターに塗料が乗る)
  4. 水面の塗料をどけてから
  5. ギターを水中からゆっくり引き上げる
という手法のようです。
当然ながら2度と同じ柄を作る事は出来ず、必ず1本1本違った柄になります。

EpiphoneのSGにSwirl(渦巻き)塗装を施している動画がこちら。


この手法(マーブリング)であれば、ギターに限らずどんな3次元の物体にも2次元のサイケデリック調の塗装が施せそうな予感がします。
たとえば自転車のフレームとか。

“ギター Swirl(渦巻き)”で検索すると、この手法で塗装された美しいギターがあれこれ出てきます。
下の画像はGibson USA Limited Edition Les Paul Studio Swirl Blue Swirl(楽天)へのリンクになっています。

タグ:英語
posted by よしとも at 05:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)