2012年08月28日

EX077「あえて難しい運指にトライする」

世界一シンプルな楽曲「メリーさんの羊」を、世界一難しい運指で演奏する、という課題曲。



人差し指と中指との2本を指板上に固定して、小指と薬指との2本だけを大きく動かして演奏するという手法。

アメリカのギタリストであるチェットアトキンスがこの奏法を多用するそうです。
チェットアトキンスさんの動画がこちら(YouTube)
チェットアトキンスさんはすごく小指が長いように見えます。
薬指と同じように自在に小指が動いていますね。
6分35秒あたりなどは、コード弾きをしつつ小指でメロディーを弾いており、驚愕です。
私の小指は1弦2弦あたりまでなら何とか届くのですが、3弦以降はちょっと無理です(T_T)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)