2012年09月18日

EX078「パワーコードの変形パターン」

パワーコード風なのだけど実は1度5度の組み合わせではなくて分数コードになっている、という課題曲。
6弦の音が5フレットから始まって→4→2→1→0(解放弦)の順に下がっていきます。



EX074の時もそうでしたが、右手ミュートがどうも苦手です。
ブリッジに近い場所に右手を乗せてるつもりなのに音がうわずってしまう点と、ミュートに気をとられてリズムキープがおろそかになる点。
きっと何かが間違っていて、その問題を解決すると上の2点の問題が同時に解決出来るような気がしています。
その何かが現時点では分かりません。
フォームか、意識の持ち方か、たぶんその辺りの何か…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)