2012年11月03日

EX085「7thは常に存在している」

第9章に突入してからずっとC-Am-F-G7のコード進行を使って来ましたが、今回の課題曲は、そこに7thの音を加えてみるというもの。



リードギターを弾く際に、コードの構成音(トライアド)を弾く事に加えて、7度の音も経過音として使ってみたらバリエーションが広がるんでないか、…という事で、その場所を覚えてしまおうという感じ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)