2012年11月03日

EX086「コードカッティングからフレーズを探す」

楽曲前半はコード・カッティングで、後半は徐々に通常フレーズになるという課題曲。



2-3-4弦のみを使うコードフォームを第8章で習ったわけですが、それは実はトライアドであって、そこに雪上車BOXやホームベースBOXを重ね合わせてみると、そのコードの時にリードギターで使ってもよい音が視覚的に見えてくる、という感じ。

第1章から第7章までで習ってきたBOXの理屈と、第8章で習った3音でのコードの押さえ方が、実は繋がっていたという事で、さすが、見事な構成です。

コードがめまぐるしく変わるのですが、今のコードのBOXと、次のコードのBOXとを重ね合わせて、うまく繋がる音を選んでリードギターを弾けばいいよ、というもの。

いちむらまさき氏がメルマガで「童謡を20曲うんぬん」と説いていますが、C-F-G7のスリーコードで構築された童謡を弾きこなせるようになれば、他のコードは結局スリーコードの代理コードなのだから、世の中の大抵の曲をギターで弾けるようになるぞ、という事なのだろうと思われます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)