2012年11月16日

ウルテムピックとセルロイドピックとの耐久性比較

先日、Historyギターを弾くとウルテム素材のピックが貰えるという試奏キャンペーンでアコギを弾いてきました。

試奏したのはHistoryのNT-S4という小さくて薄いボディのアコギ。
小さいシェイプのアコギは低音が出ない代わりに音にキラキラ感があっていいですね。
弦高が低めでエレキ感覚で弾けて、細めの弦が張ってあってチョーキングが普通に効き、扱いやすい感じ。

これは個人的意見ですが、大型のアコギと比較して、容積の小さなアコギは木材による違いがさほど目立たないように感じられます。
ドレッドノートやジャンボと比べて箱鳴りが小さい事で、弦の振動音が直接耳に入ってくるように感じられるという意味で。
そう考えると、せっかく高額ギターを弾けるチャンスだったのだから、大型アコギも試奏させて貰ったら良かったなと、ちょっと後悔しています。

そして、試奏すると貰えるピックがこちら。
景品のウルテムピックはおにぎり型
ウルテム素材おにぎり。表記はありませんが硬さはMediumです。
印字以外は、島村楽器で普通に売られているウルテムピックのおにぎりMediumと同じです。

私は島村楽器のウルテムピックを3種類全て持っています。
下の画像は、左から 景品ピック / おにぎり / Jaza3 / ティアドロップ の順。
ウルテムピックの全種類
ウルテムピックはほとんど磨り減らないので長い間使う事ができ経済的です。
左から2番目のおにぎり型はもう1年以上使っていますが、一番左の新品の景品ピックと比べて分かるように、ほとんど磨り減っていません。
ピックの磨り減り具合からフォームの善し悪しを判断するという事は出来なくなるものの、磨り減りまくりのセルロイドのピックを使っていた頃からすると夢のようです。

ちなみに、下の画像はフェンダーのセルロイドピック。左はほぼ新品状態ですが、右は磨り減りまくりです^^;
フェンダーピックの磨り減り

FERNANDESからもウルテムピックが出ていますが、色や形から考えて、島村楽器で売られているウルテムピックと同一の工場で作られた同一品と思われます。

左から おにぎり / Jaza3 / ティアドロップ (10枚セットの価格)
posted by よしとも at 21:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)