2012年11月23日

アコギの3弦が切れやすい理由とその対策が分かる動画

YouTubeのエリクサー公式チャンネルで、アコギ弦の巻き方を動画で解説しています。

Elixirレジスタードマーク Strings Tech Tip: Guitar Cleaning and Maintenance Techniques (Part 2)


3分25秒からがG-string(3弦)に関する解説で、
「3弦(巻き弦)は最も細いコア(芯線)を使っていて切れやすい」
「3弦は他の弦よりも長めにカットして、弦の最後の一巻きがペグの穴に当たらないようにする」
とのこと。
3分56秒の映像では、3弦が4回+1/4ほど巻き付けられており、ラスト一巻きが穴の下に来ている事が分かります。
他の弦(1,2,4,5,6弦)については、ペグとペグの間隔を目安にしてカットしている感じ。

まとめると、
  • 3弦以外の弦はペグ間隔を目安にカットする事で適正な回数が巻き付けられるが、
  • 3弦だけはちょっと長め(ペグ間隔×1.5くらい)にカットしないとポストの穴のエッジ(かど)に最後の一巻きが当たってしまい、その部分から切れる可能性が高まる
という事のようです。


Elixir エリクサー アコースティックギター弦 NANOWEB
※動画のなかでテイラーギターに張っている弦です。
リンク先で下記5種類よりゲージを選択可能。
ExtraLight
.010-.047
CustomLight
.011-.052
Light
.012-.053
LightMedium
.012-.056
Medium
.013-.056


posted by よしとも at 07:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)