2013年04月04日

EX094「上っていく音の流れを感じる」

C-E7-Am-Gを4回繰り返す課題曲。



コードを経過音的に使う、というのがキモです。
  • 単音や複音に経過音があったのと同様、コードも経過音的な使い方をする場合があり、ここではE7を経過音的コードとして捉える
  • Cの構成音「ソ」と、Amの構成音「ラ」、この2音の間を埋める音階の「ソ♯」が、E7に含まれている
E7は、CとAmを繋いでいる経過音的コードであり、それは、半音ずつ移動する音の流れを探し出せば分かり易いよ、という感じ。

ちなみに、単音の経過音は第5章で、そして、複音の経過音を扱った課題はEX072などで学んでいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)