2013年11月09日

宮脇俊郎ギターセミナーに行ってきたレポート

宮脇俊郎氏とは、有名な教則本ライター。
たくさん教本を出している人です。
その宮脇氏が近所でセミナーを開催すると聞いて、参加してきました。

セミナー会場は、某有名楽器チェーン店のスタジオ。
あいにくの空模様だったにも関わらず、参加者は10名以上いて、スタジオはほぼ満席状態でした。
参加者のうち、ほとんどの人が、自分のギターを持ってきてた感じ。

いよいよ開演時間となり、宮脇氏登場。
第一印象ですが、背が高い。
そして足が長い。
スタイリッシュ。
やっぱりミュージシャンは、背丈や姿勢や筋肉や髪型や着るモノなど、見た目が非常に大事なのだなあと。
そして、発声と滑舌が良く、ストラップがかわいい。

肝心のセミナー内容ですが、
  • 左手のフォーム(指をバタバタさせない為のトレーニング方法)
  • 右手のフォーム(長時間演奏を続けても疲れないような、自然で無理のないリラックスしたピッキング方法)
  • ビブラート(うわずらず、どこでかけ始めたか分からないような自然なかけ方のコツ)
  • カッティング(キレキレの音を出す為の右手の使い方)
などなど。
他にも、
  • なぜ人は、リラックス時に軽く手を握っているのか
  • 細い弦の方がむしろ太い音がする事があるのはなぜか
  • ブルースの進行が3段なのはなぜか
といった、ちょっとしたトピックスも。

私は一番前の席に陣取っていたのですが、それが功を奏し、カッティングの時間にステージに上がって直接指導を受けることができました。

私は宮脇氏の本を事前に何冊か読んでいたので、だいぶ予備知識があったのですが、やはり本で読むのと実際に指導を受けるのとは全然違います。
とは言っても、内容そのものは、本とセミナーとで、だいたい同じです。
では、何が違うか。
リアルで演奏を見ると、説得力が違うのです。
DVDやYouTubeの映像もいいのですが、やはり、生の人間が1メートル先で実際に弾くというのは説得力があります。
「同じ人間なのだから、この人に出来るって事は、俺も努力すれば出来るかも
という気持ちになれるのです。

質疑応答コーナーもあり、個人的に気になっていた疑問(1弦ビブラートをどうするか等)も解決しました。

セミナーに参加しようか迷っている方は、ぜひ参加してみる事をお勧めします。
内容が盛りだくさんですので、メモのために鉛筆を持っていくといいかと。
あと、教本にサインして貰えるので、サインを貰いたい方は、自分の教本を持ち込むか、現場で買う感じで。

ところで、下の動画は、宮脇俊郎氏とケリーサイモン氏とのセッション動画。
左が宮脇氏、右がケリー氏です。

ケリーさんと3コードセッション!(YouTube)


この動画の4分辺りから、宮脇氏が歌いながらギターソロを弾いていますが、歌いながらギターを弾くプレイの実演もセミナーで見れました。

宮脇氏の教則本に関するリンク↓
タグ:未分類
posted by よしとも at 01:11| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
>細い弦の方がむしろ太い音がする事があるのはなぜか

これは俺も前々から不思議に思うことがありました。
なんでだー?と思いつつ未だ答えはわかってないけど。

Posted by よcゆき at 2013年11月09日 09:31
よcゆきさん、コメントありがとうございます!
「細い弦は張りが弱いが故に倍音が複雑になり、結果として、アンプを通した時に太い音に聞こえる場合がある」
たしか、こんな感じのお話でした。
Posted by よしとも at 2013年11月10日 07:20
はじめまして。

ブログを見させていただきました。
とても勉強になる内容ばかりです。

自分も最近(数時間前)ブログを立ち上げたのですが
このブログのように教則本を試したりしていこうと考えています。

二番煎じ(どころじゃないですけど)となりますがお許しください。
また、時々アドバイスなど頂けたら嬉しいです。
長文失礼しました。
Posted by ぎー太 at 2014年01月06日 22:15
ぎー太さん、コメントありがとうございます!
ギターをぴかぴかの状態にお手入れしておくと不思議と上達します。特に弦とフレットをツヤツヤ状態にして頑張ってください笑
応援してます!
Posted by よしとも at 2014年01月15日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)