2014年05月15日

左手でのミュート

青本こと「リズム強化編」のEX026に挑戦してみました。
一見、簡単そうに見えるのですが、実際にやってみるとミュートが難しいのです。
出てくるコードは、ローコードのCとCM7のみ(CM7は、Cを押さえた状態から人差し指を離す)。



セーハの押さえ方からミュートするのならば簡単ですが(その場合は左手の力を緩めれば自動的にミュートになるので)、開放弦を含むローコードを鳴らした直後にミュートという今回の奏法は、油断すると余計な音が鳴ってしまいがちです。

右手の動きも重要で、脱力して軽く滑らかに全ての弦をなぞる感じでないと、ノイズを誘発してしまいます。

青本ことリズム編は、動画を見ているだけだと非常に退屈で意味不明だと思います。
今回の動画も、左手はローポジション側に固定されているので、派手な動きは全く無く、簡単かつ単調に見えると思います。
しかし、実際に弾いてみるとけっこう高いハードルであり、チャレンジングなのです笑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)