2015年04月25日

千円以内でウクレレのナット溝を削って弦高を下げる

先日、新たにウクレレを入手したのですが、全ての弦の弦高が高く、弾きづらいのです。
一フレットを押さえるとピッチが上がってしまうほど。
そこで今回は、ナットの溝を深く削って弦高を落とす作業に挑戦してみます。

ギター用のナットファイル(ナットの溝を掘るためのヤスリ)を使えば溝が掘れる事は分かっていますが、ナットファイルは高価で、一万円近くします。
ウクレレのナット削りの為に一万円近くの出費はちょっと…。

というわけで、まずはダイソーさんで100円のヤスリを買って、削ってみました。

ダイソーさんのダイヤモンドやすり

こんな感じです↓



2弦3弦は上手くいきました。
しかし、1弦4弦は失敗でした。
というのも、ダイソーヤスリは1弦4弦に対して太すぎで、弦の太さにピッタリの溝が掘れないのです。

そこで新たに購入したのがこちら↓

タミヤ模型のPカッター

Pカッターと呼ばれる、プラスチックを切る為のカッターです。
裏面の画像がこちら↓

Pカッターの使い方マニュアル

Pカッターは三角の溝(▼←こういう形)をプラスチック板に掘る事ができるのです。
「もしかしてこれでナット溝を掘ったらピッタリかも!」と考えました。

Pカッター
オルファタミヤ模型

アマゾンの他、東急ハンズなどでも入手可能。
私はタミヤ模型の方を買いましたが、オルファ社のものとは色だけが違う同一品(OEM)のようで、刃にはOLFAと刻印がありました。

ウクレレの1弦は0.02インチ(=0.5mm)ですが、これに対し、Pカッターの刃の幅は0.7mmほど。バッチリです!
さっそく新しいナットに交換して、1弦と4弦の溝掘りをしてみたところ、嬉しくなるほど見事に溝を掘る事ができました。

Pカッターでウクレレ溝きり

ビビリ音もなく、一フレットをセーハしても指が痛くならず、大満足です。
ウクレレのナット溝にはPカッター。大発見でした。

ビフォー&アフター

今回かかった費用
  • ダイソーヤスリ108円
  • pカッター400円
  • エボニー製ナット400円(ヤフオク)
posted by よしとも at 06:12| Comment(0) | 日記

2015年03月04日

プロテインの保存にフレッシュロックという容器がちょうどいい

2013年の6月から筋トレをしているのですが、筋トレ後には必ずプロテインを飲んでいます。
そこで気になるのが、プロテインをどう保存するかという問題。

大容量プロテインの袋パッケージにはジップロック的なチャックがついているのですが、何度も開け閉めすると開け口の衛生面が気になりますし、なによりも開け閉めが面倒です。

一方、360g入りの丸い鉄缶パッケージであれば、簡単に外せるフタ付きですので開け閉めの問題はないのですが、価格が割高になってしまいます。

そこで購入したのが、フレッシュロックという製品。
食品を密封保管するための容器です。
1.4リットルサイズ

サイズはいろいろあるのですが、大きくて深いタイプを選ぶとスプーンで底の方をすくう際に手に粉がつく気がして、あえて1.4リットルを選びました。
ザバス(360g)の鉄缶と並べたところ。
ザバスとフレッシュロック

蓋はワンタッチオープン。
開いた状態で固定できます。
フタはワンタッチ式

実際にプロテインを入れてみたところ。
プロテインを入れたところ

およそ半分のところまで入っていますが、これでプロテイン250gです。
  1. 袋タイプのプロテインを購入
  2. 数百グラムをフレッシュロックに小分けする
  3. フレッシュロック内のプロテインが減ってきたら、また袋から移す
このサイクルであれば、プロテインの袋のチャックは衛生的に保てるし、普段の開け閉めも容易だし、割安な大容量パッケージを使えるしという事で、全て問題解決です。

タグ:筋トレ
posted by よしとも at 23:20| Comment(0) | 日記

2015年02月21日

リズム強化編EX092「コード進行の上でチョロチョロと音を移動」

かれこれ9ヶ月ほど練習記事をupしていないので、
「このブログ主って、もう教本でギター練習するの止めちゃったんでしょ」
という声が聞こえてきそうですが、続けてます(笑)

今回は、青本こと「リズム強化編」のEX092に挑戦してみました。
コード進行としてはE→D→Aを繰り返しているだけ。



5弦7フレットのE音と6弦解放のE音を同時に鳴らし、解放弦の音をそのまま保ちながら12フレット辺りまでグイッと左手を移動させて、ポジション違いのEコードの構成音をピロピロ弾くというもの。
E-D-Aの繰り返しとは思えない複雑な演奏に聞こえると思います。
なんとなくジミヘン風です。

この奏法、"開放弦の音を鳴らしながら"というのが鍵になるので、キーは限定されるわけですが、非常に楽しい奏法であり、なによりも「上手い人みたいに見える」のでオススメです(笑)
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)