2016年02月08日

アコギのペグ交換に挑戦するもちょっと失敗

2013年に1990円で購入したセピアクルーのアコギですが、ペグ(糸巻き)の動きが怪しくなってきたので、今回はペグの交換に挑戦してみます。

ギターからペグを1つ取り外し、ヘッドにあいている穴の直径を測ったところ10mmだったので、10mm穴に対応しているKIKUTANI(キクタニ)のGM-WC1を注文しました。

キクタニ
ロトマチックタイプペグ
右3+左3
GM-WC1

今回のギターはペグをヘッドに左右対称に取り付けるタイプですので、『右3+左3』のパッケージを選びました。
ちなみに、ストラトキャスターのようにヘッドの片側に6個のペグが連なって配置されているギターの場合には『6連』タイプを選びます。

そして、届いたペグがこちら。
簡素なパッケージです。

GM-WC1のパッケージ

中身を並べてみました。

ペグのパーツ一式を並べた
  • 左上は、ペグ本体で、ヘッド裏から差し込みます。
  • 右上は、ブッシュと呼ばれる部品で、ヘッドの表から差し込みます。ブッシュと本体がネジ構造になっており、ヘッドの両側から挟み込むような形でヘッド部分に固定される仕掛け。
  • 左下の袋に入った小さなネジは、ヘッド裏からペグを固定する為のものです。ペグがクルクル回転してしまわないようにする為のネジであり、さほど大きな力はかからないので、こんなに小さくても大丈夫。
  • 右下は、ワッシャー(座金)です。ブッシュを締め付けた時の力によってヘッド部分の木材が割れてしまうのを防ぐためのパーツ。

作業開始です。
既設のペグを外す為に、まずは、ヘッド表側にあるブッシュを外します。

ペグをレンチで外す

画像ではメガネレンチを使っていますが、ソケットになっているレンチを使った方がヘッド(の木材)に傷をつけるリスクを減らせるかも。

続いて、ヘッド裏の小さなネジを外します。

プラスドライバーでペグを外す

はい、これでもうペグは手で取り外せます。

ヘッドからパーツを全て外したところ。

ペグを外したヘッド部分

せっかくの機会なので、ヘッド表面の汚れをキレイに拭き取って、磨いておきます。

そして、裏がこちら。

ヘッドの裏側

3弦ペグの位置にビス穴が2つ開いていますが、これは、過去に3弦のペグ1個だけを交換した為です。

いよいよ、新しいペグの取り付けです。
ペグ本体とブッシュの取付は、ヘッドの10mmの穴にピッタリとはまり、うまくいきました。
そして、ヘッド裏の既存のビス穴もそのまま使えれば何の問題もなかったのですが、残念ながら今回は位置が合わなかったので、新たにビス穴を開けることになりました。

下穴を作らずにいきなりビスを打ち込むと、位置がずれたり、ビスが斜めに入ってしまったりするので、千枚通し(キリ)のような工具でちょっとした下穴というか凹みを作り、これを足がかりとしてビスを打ち込みます。

この作業でちょっと気を抜くと、こうなります。

6弦のペグが曲がっている

他のペグと比べて、6弦のペグ(画面左下)の取り付けが少し傾いているのが分かるでしょうか?
こういうちょっとした不備がいやな人は、やっぱりプロにお任せした方がいいかも。

完成

一応完成です。
ペグがまっすぐに取り付けられていないとカッコ悪いという教訓を得ることができて良かった、と、前向きな解釈をしたいと思います(笑)
posted by よしとも at 22:08| Comment(0) | 日記

2015年08月21日

リズム強化編EX076「休みなしの音に挑戦する」

“ダウン-アップ-ダウン-アップ”の繰り返しで休み無く演奏し続ける楽曲のなかに、3連符が紛れ込んでくる課題曲。



ダウンピッキングで3連符を弾き始めると、3つの音を弾き終えた時点で右手は下に降りているので、そこからはもうアップピッキングするしかありません。
するとアップ-ダウンが入れ替わってしまい、その後の演奏に支障をきたします。
そこで、3連符の後にアップピッキングで1つ音を追加し、その音をチョーキングして音程を上げている間、右手は動かさず待機するという手法で、アップダウンの順序を守るというもの。
3連符+チョーキングのときの右手の動きは、「ダウン-アップ-ダウン-アップ-(空中待機)」となり、演奏完了時の右手は上に戻っています。

ところどころアクセントを入れるような感じで、極端に強く弾いています。
これは、
「音数が多いから全部の音を完璧なタイミングで弾くのは無理だけど、8音に1つくらいの頻度でアクセントを入れて、そこだけはテンポをピッタリ合わせるぞ」
という意図です。
8音にひとつ合わせておけば、残りの7音は惰性で演奏してもだいたい合うだろう、と(笑)
100個のフレーズ
リズム強化編

2015年07月07日

ウクレレの弦を外さずに指板をメンテナンス

すぐに錆びてしまうギターの金属弦に対し、ウクレレの弦はナイロンですので非常に長持ちします。
そこで問題になるのが、指板のメンテナンス。
ギターの場合ならば「次に弦を張り替える時に、ついでに指板のメンテナンスもしよう」と考えたりするわけですが、ウクレレの場合は次に弦を張り替えるのがどれだけ先になるか分かりません(笑)

そこで、ウクレレの弦を張り替える事なく、指板のメンテナンスをする方法を考えました。
方法といっても簡単で、弦を一時的にネックの裏で縛り、露出した指板を磨くというもの。

ネックの裏で弦を留めています

ダルダルに緩めた弦を、ネックの裏で縛っています。

弦をビニール紐で縛っています

横から見たところ。
4弦と3弦を一束にしてネックの裏に持っていき、逆側の1弦と2弦も同様にネック裏に持っていき、紐で軽く縛っているわけです。

ウクレレの指板をむき出しにする

これで指板が完全に露出され、メンテ作業が出来るようになりました。

オレンジオイルで拭き掃除

まずはオレンジオイルで指板を拭き掃除します。
拭き終わって30分くらいすると、吸収されずに余った油分が浮き上がってきますので、忘れずに乾拭きします。

つぎに、フレットを磨きます。
木の部分にマスキングテープを貼り、フレットだけを露出させます。

マスキングテープで指板を養生

マスキングテープは東急ハンズなどDIYショップの塗料コーナーで入手可能。
80円ほどです。

フレットだけが露出された状態になったら、フレットをピカールで磨きます。
磨き終えた状態がこちら↓

光り輝くフレット

最初にオレンジオイルを使ったのは、ピカールの成分が指板の木材に入り込まないようにするため。
先にオイルを充填しておけば、木材表面の微細な隙間にピカールが入り込む事はありません(と聞きました)。

塗料用のハケで楽器の掃除

弦を元通りにして、ハケ(百均で入手可能)で細かい部分のホコリを払ったら、作業終了です。

メジャーリーガーのイチローは、グローブやバットを自分でお手入れして大切に使っているそうです。
その話を聞いて、私も感謝の気持ちを込めて道具を大切に使おうと考えるようになりました。
posted by よしとも at 19:56| Comment(0) | 日記
ギターマガジン
(13日発売)
Player
(2日発売)
ヤングギター
(10日発売)

ギター教本のベストセラー(1時間ごとに更新されます)(Amazon)